2015年7月26日日曜日

2015.7.26 

ラッキーちゃん無事にかえってきました!












7月24日の突然の雷・豪雨におどろいて自宅から
とびだしてにげてしまったラッキーちゃんですが
本日無事にご家族のもとにかえってきました!
当院のブログを読んでくださった方が永福町で迷子のわんこを探していると話してくれた先の方から、ラッキーちゃんに
とてもよく似た子24日に野方駅の近くでみかけた!と
いうご連絡をいただき、今回その情報をもとにラッキーを
みつけることができました!
たくさんの方々のご協力によりラッキーが無事に
ご家族のもとにかえることができましたことを
心より感謝申し上げます!
みなさまご協力ありがとうございました!
ご家族のみなさまも大変喜んでおります・涙!
ラッキーはとても気の弱いところがありますので
無事にお家に帰れて今頃ほっとしていると思います!

ラッキーちゃんが自宅にかえってきた経緯ですが、
ラッキーは24日に野方警察署で保護されていました。
しかし野方警察署で保護されていたにもかかわらず
ご家族に連絡がくることはありませんでした。
その理由ですが、ご存知の方も多いかもしれませんが
警察署では他の警察署との間で情報交換がなされていないのか、迷子の届け出を出していない警察署で保護された場合は
飼い主さんに連絡がくることはありません。
今回ラッキーが遠くまで逃げてしまったことを想定して
ご自宅周辺の警察署や交番だけでなく世田谷区、練馬区、渋谷区、中野区、三鷹市、武蔵野市のおおもととなる警察署には
迷子の届け出をだしていました。
もちろん中野警察署にも迷子の届け出をだしていましたが
同じ中野区でもあって野方警察署には届け出をだしていなかったがために野方警察署で保護されたラッキーの情報が
家族のもとに届くことはなかったのです。
そんなことがあるのか?!と信じられない話しですが
これがかなしい現状です。
ラッキーはご自宅内では首輪をつけていなかったため
保護されてもすぐに連絡先がわからなかったと思いますが
その代わりラッキーにはマイクロチップが入っていました。
でも警察署ではマイクロチップを確認していないのか
そちらを利用してご家族に連絡がくることもなかったのです。
ただし動物愛護センターで保護された場合は全頭マイクロ
チップを確認することが義務づけられていますので
保護された先が異なればマイクロチップも有効となります。

警察署間で情報交換をしていれば、
警察署で保護された子の情報が確認できるツールがあれば、
警察署でマイクロチップ確認が義務づけられていれば・・・
など思うところはありますが、比較的早期に保護されたことでラッキーがケガなどせずに無事にご家族のもとに
帰ってこれたので、よかったと思っております
今回ラッキーを保護するにあたりご協力いただきました
みなさま本当にありがとうございました!

ラッキーが帰ってきてくれて本当に嬉しいです!
ラッキーを探し続けたご家族のみなさま&ラッキー
しばらくゆっくり休んでくださいね。