2014年1月10日金曜日

2014.1.10

全身麻酔をのりこえたモカちゃん♩

























モカちゃんは小さな頃から肝臓の病気をかかえています。
腹腔鏡で肝臓の一部を採取(肝生検)してもらい
病理組織検査受けて病気を把握してきました。

モカちゃんは肝臓の病気のため、好きな物が
何でも食べられるわけではありません。
お母さまが必死に肝臓病用の療法食を
食べさせてくれているおかげで
この歳まで頑張ってこれました!
モカちゃんはこの夏10歳に✨


そんなモカちゃん、右の頬が腫れてるね・・
原因は・・・



























右側上顎の犬歯に付着した歯石の影響で
重度の歯周病をおこしていました。
モカちゃん、全身麻酔をかけるには肝臓系の
血液検査の結果がとても心配な状態です・・・。

そこで、お母さまの力強い協力のもと
お薬追加!&療法食の強化!でカラダを安定させて
全身麻酔下で歯科処置が受けられるように
頑張ってみることになりました。

全身麻酔をかけられる状態になるまで約1ヶ月!!
お母さまの努力が実りました♩































モカちゃんの歯石は歯肉炎をおこしただけでなく
歯槽骨といわれる上顎の骨を溶かし、鼻腔へとつながる
大きな大きな穴を作っていました・・・
いわゆる口鼻瘻という状態です。

全身麻酔から無事に目が覚めたモカちゃん♩
ちょっと顔つきが緊張していますが
すっかりいつものモカちゃんに!

































あれから2週間。
お口の痛みがやわらぎ、とても穏やかな表情に♩

モカちゃんの闘病生活はこれからも
続きますが、お母さまのおかげで
これからも安心して過ごせるね♡






























お母さまの腕のなかで
モカちゃんとびきりのスマイル✨

病気をかかえながらもこうして落ちついて
過ごせるのは、何よりご家族の協力の賜物です✨
モカちゃんのように全身麻酔をかける必要が
でてしまった場合でも、手術の前によく検査をして
カラダの状態を把握し安定させてあげることで
全身麻酔を乗り越えられることもあります。

獣医師であるわたしでも、その子にとって
どうしてあげることがいちばんいいのか?
悩んでしまう状況もありますが
その答えは病気と向きあう本人とご家族のみなさんと
みつけられたらといつも思っています。

これから、検査や治療に悩んでしまうことが
ありましたらわたしやまみさんにご相談くださいね。
その答えを一緒に探していきましょう!