2013年10月27日日曜日

2013.10.27

リルちゃんの場合











先日生後10ヶ月をむかえたリルちゃん♩
リルちゃんも先月、角膜潰瘍を起こしてしまいました。

急に眼が開けられなくて痛そうとの主訴で来院。
お母さまが不在のなか、お兄さまがあわてて連れて
きてくれたおかげで、すぐに検査・治療をおこなう
ことができました!






















リルちゃんのおうちには2ヶ月齢ちがいのおてんばな
相棒がいます。
今回の角膜潰瘍はふたりで遊んでいて傷つけてしまった
外傷性と判断しました。

検査方法はヒトと同じように、眼に特殊な染色液を入れて
傷ついた角膜の細胞がないか確認します。
うっすら緑の部分が傷ついた角膜。
























検査用のライトをあてると傷ついた部分がわかりやすく
なります。角膜の細胞を修復する点眼薬で角膜潰瘍が
治るか経過をみていくことになりました。



















リルちゃんの場合、順調によくなり再発も
認められませんでした。
まだまだおてんば盛りのリルちゃん♩
今度は不妊手術をがんばりましょうね〜。